食と健康研究所の活動

『やずや食と健康研究所』は、研究を通して「食べること・生きること」の意味をより明確にし、活動理念として健やかな体づくり・心づくりに貢献していく。
食生活、食文化と健康の研究を活動領域とする。(当面は専任の研究員を持たず、研究助成を中心として、広範な分野の研究者と活動を行う。

◇研究領域.1 食生活と健康研究

さまざまな食品・食物・食生活習慣と健康の関わりを研究する。生活する上で食品・食物・食生活と健康の関係を物質研究(食品中の特定物質など)ではなく、「食べ物を食べている人々」に焦点を当てて研究する。

◇研究領域.2 伝統食文化研究

伝統的な食文化を未来に伝えるべき「文化資源」と捉え、人文科学と自然科学を融合した総合学問として伝統的な食文化を研究する。

◇研究所概要

研究所に「理事」「助成評議委員会」「事務局」を設置します。
※当面は専任の研究員を持たない形で実施。

研究所概要

<評議委員への委託内容>
助成テーマの開発・設定
助成研究候補の審査・選定・推薦
助成研究成果の評価・コメント
<会議体>
1.「助成方針検討会議」
2.「助成研究選定会議」
3.「研究発表・評価会」