食生活について

華やぐ早春のお祭り「ひな祭り」の食文化

日本には、昔から伝えられている四季折々の伝統行事がありますが、3月3日の「ひな祭り」もそのひとつ。日本の伝統の素晴らしさや楽しさを子どもたちに引き継ぐうえでも、日々の暮らしを大切にするうえでも、季節とともに巡ってくるこうした行事をいつまでも大切にしていきたいものです。そこで今回は、「ひな祭り」の由来やそれにまつわる食べ物についてご紹介します。

「ひな祭り」とは?

ひな祭りは、別名「上巳(じょうし)の節句」とも言います。室町時代に中国から伝わった五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)のひとつです。もともとは旧暦3月上旬の巳(み)の日に行われていた行事で、老若男女関係なく、季節の変わり目に「身のけがれを祓い、無病息災で暮らせるように」と川で身を清めて汚れを祓うという神事でした。それが平安時代に宮中の小さな女の子たちの間で行われていた人形遊び「ひな遊び」と結びつき、紙人形などにけがれを移して川に流し、女の子の健康と幸せを願ったのがひな祭りの起源だと言われています。今でもこの風習は、鳥取や京都で「流しびな」という行事となって受け継がれているそうです。

現在のように、人形を飾るようになったのは江戸時代のこと。徳川家康の孫娘「東福門院」が自分の娘のためにつくった男女一対の内裏びなが始まりとされています。その後、裕福な商家や名主の家庭へと広がり、次第に3月3日に人形を飾って女の子の成長を祝う儀式として定着し、飾る人形もだんだん豪華になっていったということです。さらに、三人官女や五人囃子などを加えた段飾りが普及したのは明治時代以降のことだそうです。

ひな祭りのもう一つの呼び方である「桃の節句」の由来は、上巳の日の頃に桃の花が咲くからとも、昔から桃には邪気を祓う力があるからとも言われています。しかし、甘く香る桃のイメージが華やいだ女の子のお祭りにふさわしいことから、今ではすっかりこの美しい名前のほうが親しまれるようになっています。

このページのトップへ ▲