食生活について

料理に込められた意味と願い郷土の財産として次世代へ継承

正月を祝う料理には、それぞれの料理や使用する食材に意味があり、さまざまな願いが込められています。たとえば、博多雑煮に欠かせない「かつお菜」は「勝つ男」に通じる縁起の良い野菜として重宝され、また昔は元旦から焦げ目がつくのを嫌ったため、雑煮の餅は焼かずに煮るのが多かったのだとか。そして、「がめ煮」などの煮物には「家族が仲良く一緒に結ばれる」という意味があるそうです。

他にも、地域によって多少異なりますが、縁起をかつぐ意味が込められた料理・食材として次のものがよく登場します。

昆布巻…
「喜び」を表す昆布。かんぴょうで昆布を巻く(結ぶ)ため、家族や親しい人とのつながりを願う。
黒豆…
家族の繁栄と健康を祈って、1年をマメに過ごせるように。
数の子…
子孫繁栄。
紅白かまぼこ…
紅は魔除け、白は清浄。
紅白なます…
人参と大根でお祝いの水引を表し、平和を祈る。
田作り…
田畑の高級肥料として片口イワシが使われていたことから、豊作への願い。
伊達巻…
形が書物(巻物)に似ていることから、知識が増えるように願う縁起物。
里芋…
里芋は子芋がたくさんつくことから、子宝に恵まれるよう祈る。
れんこん…
穴があいていることから、先見性のある一年になるよう願いを込めて。
ごぼう…
地中に長く細く根を張ることから、土台を固めて堅実に暮らせることを願って。
栗きんとん…
「きんとん」とは黄金の団子という意味で、財産や富を得る縁起物。
干し柿…
干し柿のしわを老人の肌に見立てて、長寿を祈願。
海老…
腰が曲がるまで元気で過ごせるように。

さらに、これらの料理を重箱に詰め、重ねて用意するのは「めでたさを重ねる」という意味で縁起をかつぐためだと言われています。 各地域で見られる食文化は、その地域の自然や歴史などと深く関わりながら培われてきた、かけがえのない財産。大切に受け継ぎ、次の世代へと継承していきたいものです。この機会にぜひ皆様も、お住まいの地域の食文化に目を向けてみてはいかがでしょうか。