大学教授に聞く

今回は浅尾先生に聞く
「畑の肉」と言われるほど、良質なたんぱく質を豊富に含む大豆。豆腐、納豆、味噌、しょうゆなど、日本には昔からさまざまな大豆食品があり、私たちは日々の食事で当たり前のように食べ続けてきました。世界の長寿国の一つに数えられる日本ですが、その理由の一つとして、この大豆をうまく食生活に取り入れてきたことがあると言われています。そこで今回は、女子栄養大学助教の浅尾貴子先生に日本人の健康を支えてきた大豆のパワーについて伺いました。

高たんぱくで低カロリー 優れた健康食品

大豆は、私たちの身体に必要なアミノ酸をバランス良く含んでおり、食品中のたんぱく質の品質を評価する指標であるアミノ酸スコアが100と、優れた栄養価の食品です。そのほか、大豆にとくに多く含まれる栄養素は以下の5つです。

【大豆に多く含まれる栄養素】

カリウム……
細胞内外の水分バランスを整え、むくみを防ぐなどの働きをします。
鉄……
赤血球の構成物質として体内に酸素を運び、貧血を予防します。
100gあたり2.0mgとほうれん草よりも多く含みます。
カルシウム……
丈夫な骨や歯の形成に不可欠です。
食物繊維……
肥満予防や便秘予防に効果があるとされています。
ビタミンB群……
糖質や脂質の代謝に重要な役割をします。

さらに、大豆特有の成分としては以下の5つなどがあげられます。

【大豆特有の成分】

大豆たんぱく質……
植物性の良質なたんぱく質で、体の構成に欠かせない成分です。
大豆イソフラボン……
植物由来のポリフェノールの一種で、女性に人気の栄養素です。
大豆オリゴ糖……
ビフィズス菌を増殖させて腸内の環境を整えます。
大豆サポニン……
大豆の苦み成分で、さまざまな研究から体に良い働きが期待されています。
大豆レシチン……
体内の細胞を健康に保つ重要な物質です。

また、大豆は乳類に次いでカルシウムの重要な補給源でもあります。カルシウムは日本人に最も不足しやすい栄養素だと言われていますが、大豆にはカルシウムが比較的豊富に含まれており、大豆からつくる豆腐や豆乳、おからなどは、低カロリーで栄養価も高い健康的な食品です。乳製品が苦手な方、体重が気になる方は、毎日の食事に大豆製品を積極的に取り入れるようにすると良いでしょう。

このページのトップへ ▲

健康に、美肌に 女性にうれしい効果が満載

大豆のたんぱく質は含まれている量が多いだけではなく、植物性たんぱく質の中でも必須アミノ酸がほぼ動物性たんぱく質に近いバランスで含まれている良質なたんぱく質です。一方、大豆に含まれる脂質は血液中のコレステロール値を上昇させやすい動物性たんぱく質とは逆に、コレステロール値を下げる働きがあります。

健康に、美肌に 女性にうれしい効果が満載

大豆の成分で耳にすることの多い「イソフラボン」。この成分は、とくに大豆の胚芽に多く含まれています。女性ホルモン(エストロゲン)とよく似た構造をしていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれており、その働きが研究されている物質でもあります。

大豆イソフラボンは、骨粗しょう症、乳がんや前立腺がんなどの予防効果が期待されていますが、一方で乳がん発症や再発のリスクを高める可能性も考えられており、ヒトにおける大豆イソフラボンの有効性と安全性についての議論はまだ確立していません。現段階で言われている体へのさまざまな作用は、あくまで試験管内の試験や、動物実験で示されている段階です。また、更年期障害への影響についても同様で、まだ明確に数値化した研究結果で信頼できるものはありません。

ただし、大豆に含まれるその他の成分、たとえば大豆サポニンは血管中のコレステロールや脂肪の除去、大豆オリゴ糖は腸内細菌のバランスを整え、大豆レシチンは体内の老廃物を除去してくれるという研究結果が出されています。

また、大豆は毛穴が開く原因とされる動物性脂質を含まないので、美肌のためにはプラスになる食材だと考えられます。さらに、豊富に含まれている食物繊維が腸の働きを高めるとともに便を軟らかくして、美肌の敵である便秘を防いでくれます。

このページのトップへ ▲