大学教授に聞く

今回は石橋先生に聞く
「第2の脳」と言われる腸は、食べ物の栄養素(成分)を吸収し、不要なものを体外に排出する役割があります。腸の中には、体に良い影響を与える"善玉菌"と悪い影響を与える"悪玉菌"がおり、善玉菌と悪玉菌のバランスが悪いと、腸内環境を悪くして健康にも悪影響を及ぼします。そこで今回は、九州女子大学の石橋源次教授に、善玉菌として腸内環境を健全に保つ大切な役割を担う「乳酸菌」について伺いました。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

乳酸菌とは、糖類を食べて乳酸などの有機酸を作る微生物の総称です。牛や山羊の乳に含まれる乳糖を栄養源とする「動物性乳酸菌」と、植物に含まれるブドウ糖、果糖、麦芽糖等を栄養源とする「植物性乳酸菌」に分けられます。空気中にも数種類の乳酸菌が漂っており、さまざまな食品が偶然、自然界に生息している乳酸菌によって乳酸発酵することが発見され、いろいろな発酵食品が作られるようになりました。

ヨーグルト

動物性乳酸菌の例として、チーズやヨーグルト、乳酸飲料などがよく知られています。また、植物性乳酸菌の例としては、しば漬け、ぬか漬け、たくあんなどの漬物があります。さらに‥醤油、味噌などの製造にも乳酸菌の働きが利用されており、伝統的な日本の発酵食品こそ、植物性乳酸菌の宝庫と言えるのです。

植物性乳酸菌が豊富な発酵食品を好むのは、日本人だけではありません。韓国では伝統食としてお馴染みの「キムチ」、ドイツではキャベツを塩漬けした「サワークラウト」、インドネシアでは大豆を発酵させた「テンペ」、中国の「ザーサイ」など、世界各国でさまざまな植物性乳酸菌食品が健康に良い食べ物として親しまれています。

このページのトップへ ▲

乳酸菌で腸内の“善玉菌”を増やそう

私たちの腸の中には、数百種類の細菌がすんでおり、重さにすると成人1人に約1kgと言われています。その中には"善玉菌"と"悪玉菌"が存在し、善玉菌は腸の機能を向上させるなど体に良い働きをし、悪玉菌はさまざまな毒素を生み出しガンなどの病気の原因となります。

乳酸菌を摂ることによって、ビフィズス菌など腸内の他の善玉菌を活性化させ、悪玉菌の増殖を抑えます。腸は栄養素の消化吸収を行うだけでなく、「免疫」というシステムをコントロールする場でもあります。脂肪の多い食生活が続いたり、加齢などによって悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなると、腸内の免疫機能がうまく働かなくなります。すると、鼻や気管支などの粘膜組織のバリア機能も弱くなり、病原菌やウイルスの侵入を防げなくなって、さまざまな病気にかかりやすくなってしまうのです。

一方、腸内で善玉菌が増えると、腸の働きを良くし、消化吸収が促進されて便秘や下痢などを防ぎます。また、乳酸菌が生産する成分には、肝臓の機能を助け、血糖上昇や高血圧を抑制する作用もあると言われています。さらに、免疫機能の活性化によって、ガン、感染症、食中毒、アレルギーの予防・抑制など、うれしい健康効果が期待できます。

しかし、食べ物とともに体内に入った乳酸菌は、胃酸に弱いために多くが胃で死んでしまうのです。ところが、ぬか漬けやキムチなど植物性乳酸菌は生命力が強く、腸の奥まで生きたまま届くことができると言われています。さらに、酸やアルカリ、温度変化にも強く、他の細菌とも共生して、動物性乳酸菌よりもより過酷な環境でも生息できるものがほとんど。腸が長めの日本人の体には、どちらかと言えば植物性乳酸菌の方が合っていると言えるでしょう。

このページのトップへ ▲