大学教授に聞く

今回は岩間先生に聞く
最近、よく耳にするようになった「血糖値」。健康診断などで「血糖値が高めなので注意してください」と言われたことのある人もいらっしゃるのではないでしょうか。高血糖は、初期状態ではほとんど自覚症状がないため、知らない間に進行し、気づいたときには深刻な健康問題を引き起こす原因になってしまうと言われています。その対策のひとつとして、食物繊維の豊富な雑穀を取り入れた食事があげられています。そこで今回は、血糖値の上昇と雑穀の関係について研究されている、日本橋循環器科クリニック院長の岩間義孝先生にお話を伺いました。

血糖値は健康のバロメーター 自分の血糖値を知っておこう

血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の量のことです。炭水化物を摂ると、体内で分解されてブドウ糖となり、小腸で吸収されます。吸収されたブドウ糖は血液によって全身に運ばれ、体を動かすのに重要なエネルギー源となります。体内でエネルギーとして使用されるため、血糖値は常に一定ではなく、食事や生活習慣、体調によって変化します。

変化した血糖値は「インスリン」や「グルカゴン」といったホルモンによって調節されています。たとえば、血糖値が上がるとインスリンが分泌され、血糖値を下げます。しかし、何らかの影響でインスリンの分泌量が少なかったり、働きが悪かったりすると、血糖値をコントロールできなくなり、体のさまざまなところに支障をきたすことがあります。

血糖値は日常生活を健康に送っていくための指標としてとても重要な数値です。特定健診では空腹時の血糖値(9時間以上何も食べたり飲んだりしない場合の血糖値)が100mg/dl以上は生活習慣病予備軍として指導の対象となります。病気を未然に防ぐためにも、自分の血糖値はきちんと把握し、普段から血糖値を正常に保てるような食生活を心がけることが大切です。

このページのトップへ ▲

食材選びや食べ方を工夫して血糖値をコントロール

「インスリン」というホルモンは唯一、血糖値を下げる働きをします。何らかの影響でインスリンの機能が低下すると、上昇した血糖値を下げることができず高血糖の状態が続くので、「糖尿病」になるリスクが高まります。また、動脈硬化や心臓発作、腎不全といった合併症が起こることもあり、さらに合併症にかかるまで糖尿病に気がつかない人も多くいるようです。日常生活では気づきにくいからこそ、定期的に血糖値を測り、自分の健康状態をチェックしておくことが重要です。

高血糖を防ぐには血糖値を適正にコントロールすることが大切で、食生活を見直すことが重要です。食品の血糖値の上昇の度合いを表すのに「GI値」という数値があります。血糖値をコントロールするにはできるだけGI値が低い食品を選ぶことが大切です。たとえば、GI値が低い食品としてはキャベツやほうれん草などの葉物野菜、魚介類、こんにゃくや海藻など食物繊維の多いものがあげられます。また、一般的に炭水化物は食べてすぐにエネルギー源となる性質があるため、GI値が高いと言われています。血糖値上昇の予防のため、白米を玄米に、食パンをライ麦パンに変えるなどして、できるだけ食物繊維の多いものを選ぶようにすると良いでしょう。

食材選びだけでなく、食べ方を少し工夫することでも血糖値の上昇を抑えられます。たとえば、軟らかいものよりも硬めのもの、噛みごたえのあるものを選ぶようにすると、糖が腸の中でゆっくり分解され、血糖値の急激な上昇を抑えます。また、空腹時に炭水化物を摂ると血糖値が急激に上がってしまいます。そのため、野菜から食べるなど食べる順番を工夫したり、甘いものは食後ではなく、間食で食べるようにしたりすると血糖値の急激な上昇を防ぎます。

このページのトップへ ▲